第73回日本大腸肛門病学会学術集会

司会、座長、発表者の皆様へ

司会、座長、特別発言の皆様へ

  • 1)主題・要望演題・一般演題(口演)の司会・座長の方は担当セッション開始15分前までに、会場前方の次座長席に、特別発言の方は会場前方の次演者席にご着席ください。
  • 2)一般演題(ポスター)座長の方は担当セッション開始15分前までに、ポスター会場前(2Fロビー)のポスター座長受付にお越しください。

発表者の皆様へ

利益相反状態の開示について

すべての演者は、発表時に利益相反状態の開示を行ってください。
なお、開示に使用する「筆頭演者の利益相反自己申告書」は学術集会ホームページ(http://www.coloproctology.gr.jp/files/uploads/conflict.pdf)よりダウンロードしてください。

口演 発表データの最終スライドを「筆頭演者の利益相反自己申告書」とし、利益相反状態を開示してください。
ポスター ポスターの右下に「筆頭演者の利益相反自己申告書」を貼付け、利益相反状態を開示してください。

主題・要望演題・一般演題(口演)での発表について

  • 1)PCプレゼンテーションのみの発表になります。スライドフィルム、OHP、VTR(ビデオテープレコーダ)等は使用出来ませんのでご注意ください。
  • 2)PCプレゼンテーションでは、ノートパソコンのお持ち込みとデータ(Windows版PowerPointのみ)のお持ち込みによる発表が可能です。
    Macintoshの方、および動画を使用される方は、PC本体(Win、Mac)のお持ち込みを推奨いたします。
  • 3)受付時間、発表時間、発表方法は下記の通りです。いずれも時間厳守でお願いいたします。
  • 4)発表データはセッション開始の1時間前までにPC受付にて登録をお済ませください。
  • 5)発表データの確認・登録が済みましたら、ご自身の発表の15分前までに、発表会場内左手前方の「次演者席」にてお待ちください。
セッション PCデータ受付 発表
時間
質疑応答
時間
発表方法
特別講演、特別企画 発表セッション
開始時刻の1時間前まで
事前にお知らせいたします。 ノートパソコンのお持ち込みとデータのお持ち込み(ビデオテープ、スライドは使用できません)
Asian Session
ビデオシンポジウム
症例検討、ディベートセッション
パネルディスカッション
ワークショップ
要望演題 7分 3分
一般演題(口演) 7分 3分
一般演題(ポスター) 発表データのPCデータ受付は不要です 5分 2分

PCデータ受付センターの場所、時間について

口演で発表の方は、必ず事前にPC受付にお越しください。(PC本体持込の場合も、動作確認のためPC受付にお越しください。)
場所と開設時間は次の通りです。

場所 京王プラザホテル新宿 本館5F ホワイエ
開設時間 11月9日(金)7:30~17:30
11月10日(土)7:00~15:45

※9日(金)早朝の受付は、9日(金)午前中のセッションの発表者を優先させていただきます。10日(土)午前中のセッションの発表者の方は、可能な限り11月9日(金)中にデータの登録をお済ませください。

PC発表について

【ノートパソコンを持ち込まれる方へ】

      • 1)発表1時間前までにPCデータ受付センターにお越しください。
      • 2)試写用モニターにてケーブルの接続を確認してください。
      • 3)会場ではHDMI、D-sub15ピン(ミニ)のケーブルをご用意いたします(下図参照)。一部のノートパソコンでは本体付属のコネクターが必要な場合がございますので必ず持参してください。
      • 4)ノートパソコンから外部モニターに正しく出力されるか確認してください。個々のパソコンやOSにより設定方法が異なりますので事前にご確認ください。
           
    • 5)画面のサイズは16:9のワイドサイズとします。
    • 6)動画を用いた発表は可能ですが、PCの外部出力に接続した画面には表示されない場合があります。実際にお持ちいただくPCの外部出力にモニターまたはプロジェクターを接続してご確認ください。
    • 7)動画や音声をご使用になる場合には、PCデータ受付センターにてスタッフにお知らせください。
    • 8)発表データのファイル名は「演題番号_演者名」とし、必ずデスクトップ画面に保存してください。
    • 9)スクリーンセーバーならびに省電力設定は事前に解除しておいてください。

10)会場にて電源をご用意しておりますので、ACアダプターを必ずお持ちください。

  • 11)不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。
  • 12)PC受付にて試写をお済ませの上、発表予定時間の20分前までに演台付近のPCオペレーター席の、スタッフにPCをお渡しください。スタッフがケーブルを接続し、外部出力の確認を行います。
  • 13)PCオペレーター席で、パソコンをご返却いたします。講演終了後、できるだけ速やかにPCのお引取りをお願いいたします。
  • 14)発表時は演台にセットされているモニター、パッド、マウスをご自身で操作してください。
    (発表者ツールのご使用は、できませんのでご了承ください。)

 

【データを持ち込まれる方へ】

  • 1)お持ちいただけるメディアは、Windows版PowerPointで作成されたデータのみとします。Macintoshの方はノートパソコンをご持参ください。動画を使用される方はPC本体のお持込みをお願いいたします。
  • 2)お持ちいただけるメディアはUSBメモリー、CD-R、DVD-Rに限ります。CD-R、DVD-Rにコピーする時には、ファイナライズ(セッションのクローズ・使用したCDまたはDVDのセッションを閉じる)作業を必ず行ってください。この作業が行われなかった場合、データを作成したPC以外でデータを開くことができなくなり、発表できない場合があります。
  • 3)アプリケーションは以下のものをご用意します。
    Windows版PowerPoint 2010/2013/2016
    ※OSはWindow10となります。
  • 4)不測の事態に備えて、必ずバックアップデータをお持ちください。
  • 5)持ち込まれるUSBメモリー、CD-R、DVD-Rには、当日発表されるデータ(完成版)と動画以外は入れないようにしてください。
  • 6)発表データのファイル名は「演題番号_演者名」としてください。
  • 7)発表に使用するPCは全て16:9に統一しておりますので、4:3で作成された場合はスクリーンの両サイドに黒が表示されますので予めご了承ください。
  • 8)フォントはOS標準のみご用意いたします。
  • 9)データ作成後、他のパソコンで正常に動作するかを確認してください。
  • 10)参照動画のファイルがある場合は、全てのデータを同じフォルダに入れてください。
    ※動画ファイルの注意点
    Windowsの場合10(OS)及びWindows Media Player11の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。(動画ファイルはWMV形式を推奨します。)また、参照動画ファイルのリンク切れにご注意ください。
  • 11)動画や音声をご使用になる場合には、PCデータ受付センターにてスタッフにお知らせください。
  • 12)メディアを介したウイルス感染の事例がありますので、最新のウイルス駆除ソフトでチェックしてください。
  • 13)発表時は演台にセットされているTFTモニター、マウスをご自身で操作してください。
  • 14)ご発表データは、PCデータ受付センターのサーバーと会場のパソコンに一時保存いたしますが、これらのデータは本学会終了後に破棄いたします。

一般演題(ポスター)での発表について

一般演題(ポスター)は紙ポスター掲示で行います。

  • 1)ポスター会場は、京王プラザホテル新宿 本館4階 花 です。
  • 2)発表ポスターは、各日貼り替えとなりますので、プログラムにて発表日をご確認ください。掲示・撤去時間は以下のとおりです。
ポスター発表日 ポスター掲示 ポスター発表 ポスター撤去
11月9日(金) 7:30~10:00 15:00~17:00 17:00~17:30
11月10日(土) 7:00~10:00 14:00~16:00 16:00~16:30

  • 3)ポスターの撤去については、指定の撤去時間以降に貼り付けたままの場合、事務局にて処分いたします。
  • 4)ポスターの大きさは、1題あたり横90cm、縦160cmです。演題番号は事務局にてご用意いたします。演題名、所属、演者名の表示は20 × 70cmでご用意ください。
  • 5)掲示用の画鋲は事務局でご用意いたします。
  • 6)ご発表15分前までに発表ポスターの前にお集まりいただき、座長の指示に従って発表をお願いいたします。
  • 7)発表時間は5分、討論は2分です。

採用演題発表の演者変更・代理発表・取り下げ手続きについて

日本大腸肛門病学会では、採用された演題は筆頭演者が責任を持って発表することを原則としております。しかしながら、不測の事態により筆頭演者が発表できない場合には、届出書を提出することにより以下の3つの対応が可能です。

①筆頭演者の変更
②共同演者が代理発表
③演題取り下げ

各届出書提出の注意点をご確認のうえ、必ず届出書を提出してください。

書類未提出の場合には、無断欠席とみなされます。また当日無断欠席となった場合には演題の取り消しを行うととともに、悪質と判断された場合には次学術集会での演題登録禁止などの措置をとる場合もございますのでご注意ください。

1.各届出書提出の注意点

①筆頭演者の変更
基本的には受付けておりません。但し、不測の事態(病気、忌引き、大学公務等)により筆頭演者を変更しなくてはならない場合には筆頭演者変更届出書を提出してください。
筆頭演者変更は、以下の条件を満たしている場合に可能です。
・変更後の筆頭演者が日本大腸肛門病学会会員であること。
・筆頭演者変更後の業績は、変更後の筆頭演者のものとなり、いかなる理由があっても変更前の著者のものにはなりません。この事項に同意することが必須です。

②代理発表基本的には受付けておりません。但し、不測の事態により筆頭演者が発表できない場合には代理発表届出書を提出してください。
代理発表は、以下の条件を満たしている場合に可能です。

  • 代理発表者は、発表時の質疑などにもこたえることが出来る共著者であること。
  • 代理発表した演題の業績、登録されている筆頭演者のものとなり、代理発表した共著者の業績とはなりません。この事項に同意することが必須です。

 

③演題取り下げ

  • 演題取下届出書を提出してください。
  • 取り下げとなった演題は、演題発表の業績にはなりません。

 

2.各届出書提出先

第73回日本大腸肛門病学会学術集会運営事務局

E-mail: jscp73@coloproctology.gr.jp

ページトップへ